iPhone XSで撮った写真を大真面目にLightroom モバイル版(有料版)で編集してみる

iPhone

近くへのお出かけやどうしても荷物を減らして出かけたい時ってありますよね。
そんな時に大きなカメラを持っていくのは面倒だと感じることもあります。
けれど写真は撮りたい!と思ってしまう、すごくわかります。僕もそうです。
そんな時にふと思いました。iPhoneで撮ってしまえばいいのでは?と。

ということで、今回はiPhone XSでいつも一眼カメラを使って撮るような感覚で写真を撮って、Lightroomで編集してみました。
スマホ一台で完結するので荷物を減らしたい旅先で写真を撮りたいときの参考にでもなれば幸いです。

まこと博士
まこと博士

Lightroomは無料版でも十分強力な編集アプリだけど機能が制限されるからできることなら有料版にしよう!

Lightroomって何?

そもそもLightroomってなんだよ!置いてけぼりにしないでくれ!そんなお叱りの声を受け止めて簡単に説明しますね。

Lightroomとは?
Adobeが提供する写真編集・撮影・管理アプリのことでiPadやiPhone、Andoroid間で同じアカウントであればシームレスで同期ができます。
また有料のメンバーシップがあればデスクトップ版とも連動できる非常に強力なアプリです。
難しくてよくわからないという方は写真加工アプリという認識でも問題ありません。
写真を加工したり保存したりできるアプリです。

Lightroomがどんなものか大体わかったところでさっそく本題にいきましょう。
iPhone一台でどこまでいい写真が撮れて、それを編集すればどんな写真に仕上がるのか。次項でジャンジャン説明していきます。

iPhone XSでの撮影手順

まずはLightroomを起動しましょう。

  1. 起動したら右下にあるカメラアイコンを押します
  2. カメラの画面が出たらシャッタボタン横の設定をプロモードに切り替えます
  3. 画面上部のファイル形式をDNGに変更します
  4. シャッタースピードとiso感度が手動で設定できるので適正露出になるように設定します
  5. あとはボタンを押して撮影するだけ!

1.カメラを起動
2.モードをプロに変更
3.ファイル形式をDNGに変更
4.露出を設定

まなみ研究員
まなみ研究員

博士、設定は分かったんですがisoやdngというアルファベットが出てきましたが何を表しているんですか?

まこと博士
まこと博士

iso感度は写真の明るさを決める機能の一つだよ。数値が大きいと明るくなって小さいと暗くなるんだ。
上げすぎるとノイズが出るから出来るだけ上げないようにしよう!

まなみ研究員
まなみ研究員

そうなんですね、じゃあdngというのは?

まこと研究員
まこと研究員

Digital Negativeの略でAdobeが開発したrawファイル形式のことだよ
少し難しいかな? それならJPGより後で編集がしやすくなると思っていれば大丈夫だよ

Lightroomで編集

設定が完了したらさっそく撮影しましょう。

今回は琵琶湖で撮影した夕日の写真を編集しました

iPhone XS
SS 1/6400,iso 100

これだけでも十分美しいですが、Lightroomで編集することによってさらに印象的に仕上げていきます
最終的にしたの写真になるように編集していきます

今回の写真の編集手順はこちらです。

  1. ライトで写真全体の明るさを調整
  2. カラーで色を決める
  3. 効果で写真の雰囲気を調整
  4. ディテール・部分補正で最終調整

パラメータが見やすように横向きにして説明します。

まずはライトの部分を選択して、写真全体の明るさを調整しましょう。
その後、トーンカーブで微調整していきます。

次にカラーを選択し、色温度や彩度を調整します。
右上のミキサーを押すと色ごとに色相・彩度・輝度も変えられます。

続いて効果を選択します。各項目は動かしてみるとわかると思いますが写真の雰囲気を柔らかくするのか硬くするのかを決めるものなので自分の好みになるように調整しましょう。

最後にディテールを調整し、各部のパラメータを微調整したら完了です。

before
after

まなみ研究員
まなみ研究員

スマホ一台でもこれだけ印象的な写真が撮れるんですね!
これで旅も身軽に行けますね

まこと博士
まこと博士

大きなカメラより設定も簡単だから写真は好きだけど、難しいことは…と写真を撮ることを躊躇している方にもオススメだね

スマホ一台で完結できるなら写真の表現の幅も広がりますよね。
これでジャンジャン皆さんも写真を撮りましょう!

では、いい写真ライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました