SF好きにフィルムカメラとCinestill 800Tをオススメする理由[フィルムレビュー]

cinestill800T

まずは上の写真を見てください。


SF映画のワンシーンのようですね。
この写真がフィルムカメラで撮れるんです。今回はその撮影方法を紹介していきます。

フィルムカメラって何?

そもそもフィルムカメラって何か知らないよって方もいますよね。
簡単に説明しますね。知っている方は読み飛ばしていただいて構いません。

”フィルム”という感光材料をカメラに入れて、レンズを通して光を取り込んで像を作ります。
少しわかりにくいかもしれませんが”写ルンです”もその一つですね。
写真を記録するものがSDカードではなくフィルムになっていると考えるとわかりやすいかもしれません。
フィルムはデジタルカメラのように撮っただけでは写真を見ることはできません。現像という工程が挟まれます。でも安心してください。カメラ屋さんに頼むことができるので、撮り終えたら現像をお願いしましょう。

僕が使っているおすすめのフィルムカメラはまた記事にして紹介するので描いたらリンク載せますね。

本当に簡単にですがフィルムカメラの説明をしました。
フィルムを調べてみたらたくさんでてきますよね。お店にもたくさんのフィルムが並んでいます。
「どれ買えばいいの!わからないよ!」
そんな声もでてくるかもしれません。では次に本題の使うフィルムを紹介しますね。

フィルムを買おう

おすすめのフィルムはいくつかありますが、今回は最初にお見せした写真に絞ってお話しします。

そのフィルムとはずばりCinestill 800Tです。
「何のこっちゃわからんわ!こちとら初めてフィルム知ったんやぞ!」なんてお叱りが聞こえてきそうですが…。

ごちゃごちゃ説明しても、訳がわからなくなると思うので手短に言うと夜用のフィルムになります。(厳密には違いますが、とりあえず夜用と言う認識で構いません)

このフィルムは数あるフィルムの中でもかなり特徴的な写りをします

  1. 青っぽく写る
  2. 光が滲んだようになる
  3. 街灯やヘッドライトが赤く滲む

と言った特徴があります。

元々映画用のフィルムとして作られていたので、まさに映画のワンシーンのような写真が撮れると言うわけです。

これでフィルムカメラを使ってCinestill 800Tというフィルムを使えばSF映画のような写真が撮れるというところまでわかりましたね。
あとは何に気をつけて撮るかさえわかれば完璧ですね。
「もうええわ!これさえわかったらあとは自分でやったるわ!」って方もいるかと思いますが最後に数枚写真も載せますのでそれだけでも見ていってくださいね。

撮るときのポイント

ポイントとは言っても人それぞれ撮り方は違うと思うので、あくまで僕がCinestill 800Tを使って撮るときに気を付けていることとして読んでください。

まず、フィルムカメラにCinestill 800Tを詰め込んだら夜の街中へと出てください。
特徴的な光や、ネオンがあるところだとベストですね。
ビルなんかもいいです。あまり真っ暗だと写真も真っ暗になってしまうので、程よく暗いところを選ぶのがポイントです。

次に大雨を狙ってください(カメラが危険にさらされるので慣れてない方は推奨しません)
それから光をよく反射する地面を探してください。路面も使われている素材によって光を反射するところとそうでないところがあるので要注意です。

環境は整いましたね。さあ撮影です。
意識したいのは一つ、です。
このフィルムの特徴を最大に活かすには滲んだ光、赤く光るヘッドライト・街灯をメインに据えて写真を撮る。それだけです。
雨の日に撮る場合は光る路面を写真の中に入れてあげるのと、雨が写るように光の方にカメラを向けてください。
物は試しです!まずは撮りにいきましょう!撮れた写真はもしよければ僕にも見せてください。楽しみにしてます。

まとめますね。

  1. 夜に撮りに行こう
  2. 特徴的な光を探そう
  3. 光をよく反射する路面を探そう
  4. できれば雨の日に撮りに行こう(無理はしないでください)
  5. 写真のメインに光を据えよう

最後に僕がこの5つのポイントを意識して撮った写真をお見せしますね。

Cinestill 800Tの作例

皆さんも好きなSF映画を是非再現してみてください!では!

コメント

  1. […] SF好きにフィルムカメラとCinestill 800Tをオススメする理由まずは上の写真を見てください。SF映画のワンシーンのようですね。この写真がフィルムカメラで撮れるんです。今回はその撮影 […]

  2. […] SF好きにフィルムカメラとCinestill 800Tをオススメする理由まずは上の写真を見てください。SF映画のワンシーンのようですね。この写真がフィルムカメラで撮れるんです。今回はその撮影 […]

タイトルとURLをコピーしました