Cinestill 50Dで撮った写真がまるで映画のワンシーン[フィルムレビュー]

photo

今回はデーライトフィルムであるCinestill 50Dをご紹介します。
以前、同じCinestillのタングステンフィルムであるCinestill 800Tをご紹介しました。

800Tは感度が800なので主に夜用のフィルムとしておすすめしましたが50Dは打って変わって感度が50。なかなか極端な違いですね。なので基本的には日中での使用をオススメします。
今回も”映画のワンシーンのよう”だと銘打ちましたがもちろん800Tとは写りが異なります。
800Tが未来だとしたら50Dは過去を写しているようなイメージです。
作例を見た方がイメージしやすいと思いますのでさっそく見てみましょう。

Cinestill 50Dの作例

全てCONTAX T2で撮影しています。

まずは市街地から。薄曇りの大阪、中之島辺りを夕方前に撮影しました。

低めの彩度に少し緑がかった描写はレトロな感じがしてどこか懐かしさを感じます。
光が滲むのは800Tと同じですね。
特に赤信号の赤い滲みは800Tで夜を撮影したときとよく似ています。

シチュエーションを変えて光のある状況で数枚撮りました。

ISO50なので逆光でも躊躇せず撮ることができます。光の描写はかなり良いように見えますが800T同様に、白飛びならぬ赤飛びしていますね。これを個性と取るかどうかでこのフィルムの印象が変わるかもしれません。

最後におまけで数枚どうぞ。

昼は50D、夜は800Tと一日中Cinestillで楽しむ日なんかあっても良いかもしれません。
低感度フィルムの中ではかなりオススメなので是非使ってみてください。

では!良いフィルムライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました